浮気調査とはどうやって行うのか

 

浮気調査とはその言葉の通り妻や夫が浮気をしているのか、していないかを調べることです。自分で行う人も居ますが自分では調査できる範囲の限界があるため大抵の人は探偵事務所にお願いをします。探偵事務所に依頼をすると早速調査を行うのですが、その時に使うものとしては主に尾行や張り込みです。

 

大体の生活パターンを依頼主から聞いて対象者の移動手段によって徒歩で尾行をしたり、車を使って尾行をします。自分でも尾行は出来るのですがやはり見知った顔のため見つかるリスクが高くて中々上手く行きません。その分探偵ならば対象者と探偵は全く知らない人のため相手に気づかれにくく成功の確率が高くなります。尾行をして万が一浮気をしている場面が合ったら撮影を行います。何よりも浮気の証拠を見つけるのが浮気調査では大切なため撮影は欠かせません。

 

撮影が出来たら依頼主に証拠として撮影した写真を見せて報告書として提出します。調査報告書は実際にその場で見ていない依頼主に分かりやすく伝えるために非常に丁寧に作られます。浮気調査の一連の流れはこのようになります。

 

浮気調査をするのは個人では難しいですがプロである探偵事務所ならば相手に絶対に気づかれないように行ってくれるため、多くの人が探偵事務所に依頼をしています。

 

浮気調査 相談するところとは?

 

夫や妻の不貞を疑う人は少なくありません。それはどのような状況にある時疑うのでしょうか。人によって変わってきますが、例えば普段の会話が無くなってきて、話しかけても返答がないとか色々思い当たることがあるでしょう。急におしゃれになって服装が派手になったり、携帯などをロックしていることもあります。このような場合、浮気を疑っている方が浮気調査 相談に踏み切ることが多いです。

 

浮気調査 相談するところは、主に探偵事務所がメジャーとなっていますが、まず無料で相談できる公的機関や弁護士事務所に行くのも選択の一つです。また今の時代は離婚カウンセラーという職種もありますから、活用するのも良いでしょう探偵事務所などほとんどの人が利用経験がないと言えます。

 

今はネットで検索し予約もできるようになっています。探偵事務所で浮気調査 相談をするには、やはり費用が掛かってきます。依頼内容によって変動があって、大体数十万円〜百万円程度だと言われています。只事前にチェックしておかないと、いざ清算する時に法外な料金を請求されることがあります。けれどドラマのように探偵が尾行をしたりして遠距離を移動すると、料金が嵩むのは仕方がありません。

 

浮気調査 探偵を扱う、詐欺が無く評判が良い興信所の上手な選び方について

 

近年は浮気調査 探偵を専門家である興信所に人気があります。興信所では様々な魅力的なサービスを展開していることがその背景にあります。このため日本各地において多くの興信所が活動しているところです。

 

そんな浮気調査 探偵を扱う、詐欺が無く評判が良い興信所の上手な選び方としてまず挙げられるのが、調査実績が豊富にあるかといった点です。調査実績が多ければ多いほど、スタッフのスキルも高いといえ、上質なサービスの提供が可能となります。知識も豊富にあると言え、様々な悩みや不安に対して的確なアドバイスをしてくれます。またネットワークの広さも大きなポイントです。浮気調査 探偵となりますと全国規模で捜査を張り巡らさなければなりません。

 

このため全国に調査対応が可能なネットワークが敷かれているか、といった点も選ぶ際には重要なポイントとなります。このほかスタッフが親切・丁寧で話しやすいかといった点も大切です。浮気調査 探偵では顧客とのコミュニケーションを頻繁にとる必要があります。このためスタッフとの円滑なコミュニケーションが図れるかは非常に重要となります。

 

以上のような点に注意して選べば失敗することはなく、十分満足のいくサービスを受けることが出来ます。

 

探偵で依頼した浮気調査 期間はどれぐらい?

 

探偵にてお願いした場合の浮気調査 期間はどれぐらいかと言うと平均で1週間から1か月程度です。早く結果が知りたいですし期間が短ければその分費用の負担も減りますが実際には早くても1週間は掛かります。

 

調査に難航している場合は1か月掛かる場合もあります。なぜここまで期間にバラつきがあるのかと言うと依頼主の事情によって下見調査が必要だったり、浮気の証拠が複数必要だったりするからです。早く知りたいがために下見調査は行わないで良いと言う人が居ますが、下見をしないことにより失敗する可能性があります。なので、下見をするべきと言って来たら必ず下見はしたほうが良いです。

 

また、依頼主によって少しの浮気が確認出来れば良いという人から細かい所までしっかり調査をしてほしいという人など様々な事情があります。細かい所まで調査して欲しい場合はその分時間も掛かります。また、調査と言っても毎日行う訳ではありません。平均では3日から5日程度の調査になりますが、なぜ毎日行わないかと言うと浮気をしている人も毎日しているわけではないからです。極たまに毎日している人も居ますが本当に数少ない人だけです。依頼主の事情や対象者の行動次第で調べる日数や期間が変わります。

 

浮気調査 費用の相場と安い報酬の金額とは?

 

パートナーの浮気に悩んでいる人にとっては、探偵事務所の存在は心強いものとなるでしょう。自分自身でパートナーの携帯電話を調べてみたり、証拠となりそうなものを探してみることもできますが、浮気する方もあっさりとばれてしまうような証拠は残さないものです。

 

人によっては、スマートフォンのアプリの一つであるラインやメールでのメッセージのやり取りをその都度、消去してしまうこともあるでしょう。だからこそ、経験豊富なプロによる適切な浮気調査を行うことによって確実な証拠を手にすることができる探偵事務所を利用する必要があるのです。

 

調査の結果次第では双方の話し合いの末に離婚裁判になることもありますが、その時にでも浮気の証拠を提示することで自分にとって有利に事を進めることもできます。

 

浮気調査 費用の相場としては、調査の内容やかかった日数、動員した人員数にもよりますが「50万円」ぐらいとなっています。想像よりも高い金額となるので依頼することに躊躇をする人もいるかもしれませんが、中には通常よりも安い報酬で引き受けてくれるところもあり「10万円」ほどの費用で済む場合もあります。

 

調査にかかる費用と調査能力は決して比例しているとは言えないので、探偵事務所を決める際には利用したことのある人の口コミを参考にしたり、事前に複数の探偵事務所にて電話やメールなどにより浮気調査 費用に関して確かめておくとよいでしょう。

 

浮気調査 方法にはどんなものがある?

 

付き合っている恋人や、配偶者が最近怪しいと感じる場合、もしかしたらその相手は浮気をしているかもしれません。そんなときには、どうやってつきとめれば良いのでしょうか。

 

浮気調査 方法には、業者に依頼するパターンと、自分や友人などの協力者と一緒につきとめるというパターンがあります。前者に関してはプロなので、確実な証拠をつかみやすいというメリットがあります。ですが、依頼するためにある程度の金額が必要となってきます。後者の場合は、依頼金はかかりませんが失敗する可能性も高いです。また、調べるために結局諸費用がかかってしまうということもあります。

 

業者に依頼する際には、信頼できそうなところを探してまず相談し、情報を伝えます。浮気をしているかどうかを確認するだけでなく、もし実際に浮気をしていた場合にその二人を別れさせるということや、訴えるための準備をするという追加のサービスを行っているところもあるので、自分がどうしたいか考えて依頼します。自分たちで調べる場合は難易度が高いので入念に計画をたてて調査しなければいけません。

 

ひょっとすると自分の勘違いであるという可能性もありますので、調査を行うと決める際にはよく考えて行動するようにしましょう。

 

浮気調査 証拠として使える写真など

 

浮気調査 証拠を集めるためには、「どのような証拠が裁判で使えるのか」をまず最初に知っておく必要があります。キスをしている写真を入手できたので、裁判で勝てると思った。しかし、結果的には1円の慰謝料も請求できなかったといった失敗談もあります。この失敗談では、キスをしている写真が証拠になると誤解してしまったことが原因です。不貞の定義は「配偶者以外の異性と継続的に肉体関係を結ぶこと」です。キスやハグでは証拠になりません。具体的にはラブホテルに2人で出入りする写真などが必要です。

 

また、ラブホテルに入っていく写真があっても時刻が付いていないために裁判で負けてしまったという事例があります。時刻が付いていなかったら、「少し休憩をしただけで、15分くらいですぐに出た」と言い訳されてしまう可能性があります。入っていく場面と出ていく場面の2種類、しかも時刻付きの写真が必要です。また、「継続的に肉体関係を結ぶ」という条件があるので、できたら3回分以上はあったほうが理想です。

 

このようにかなり複雑ですので、浮気調査を専門にしている探偵に相談だけでもしておきましょう。また、弁護士なら小さな証拠でもそれらを組み合わせて決定的な証拠にできることもあるので、小さな証拠でも集めておくべきです。

 

浮気調査 携帯をチェックする方法浮気調査

 

携帯をチェックすることは、スマートフォンの登場以前は当たり前のことでした。ロックを掛けていない人も多かったので、形体を手放した好きにササッとメールをチェックしたり、データを保存して浮気の証拠を確保したりすることは、今よりも容易な時代だったのです。

 

しかしながら、最近ではスマートフォンに取って代わるようになり、メールやSNSの履歴をチェックすることが難しくなりました。ほとんどの人がスマートフォンの認証機能を利用しており、顔認証や指紋認証を使ってロックを掛けているため、配偶者であってもそう簡単にスマートフォンの中身を確認することはできなくなってしまったのです。それでは、スマートフォンの登場により浮気はしやすくなったのかと言えば、答えはノーです。なぜならば、スマートフォンの中のデータを除くことが難しくなった反面、GPSの登場により正確に居場所を把握することができるようになってしまったからです。

 

そのため、スマートフォンの中身をチェックせずに居場所から浮気がバレてしまうケースが増えたといいます。出張と言いながら不倫相手と温泉旅行にでかけていることがGPSからバレてしまったり、ホテルに居るところを踏み込まれるケースも少なくないのです。

 

スマートフォンで使える浮気調査 アプリスマートフォンの登場は、浮気調査の環境を大きく変えたといいます。従来の携帯電話の時代には、ロックを解除するのが比較的かんたんでしたが、顔認証や指紋認証が当たり前のスマートフォンではロック解除が困難を極めるようになり、スマートフォンの中身を調べることは困難になりました。他方で、スマートフォン向けの便利な浮気調査 アプリが登場したことで、手軽にスマートフォンから浮気調査が出来るようになったのです。

 

スマートフォンの浮気調査 アプリでは、LINEの履歴を見ることができたり、正確な位置情報を調べることが用意になりました。もちろん、違法性のあるものの使用は禁止されていますが、違法性がないものであれば積極的に活用して浮気を未然に食い止めたり、予防したりするだけの効果を期待することが出来るのです。また、使用していないスマートフォンを自宅の監視カメラとして活用することが可能です。留守中に浮気相手を連れ込んでいる可能性が高い場合には、スマートフォンにダウンロードした監視カメラのアプリを活用し、留守中の室内の様子を密かに監視することも可能であります。また、登録した人の位置情報を確認するアプリを活用すれば、簡単に居場所を割り出せるのです。

 

浮気調査 尾行の方法も時代と共に進化している!

 

浮気調査の中で、最もオーソドックスな方法といえば尾行です。対象者の後をこっそりと追い、その行動を監視することは今でも有用な調査方法でしょう。しかし尾行は非常に根気や時間が掛かり、また1人を尾行するために複数人の調査要員を費やすこともあります。そのため一番原始的で確実な方法ながら、色々と課題があるのも事実なのです。

 

ところがそんな浮気調査 尾行も、現代では随分と楽にできるようになりました。何故ならスマートフォンの普及に伴い、誰でも簡単にGPS機能を利用できるようになったからです。これを使えば離れた位置からでも対象者の行動を確認でき、しかも調査者の存在がバレるリスクもありません。まさにこれまであった課題を確実にクリアする、そういった機能なわけです。

 

実際に昨今の浮気調査では、GPS機能を利用した方法が主流となっています。明らかに普通では行かないような地域、或いはお店やホテルなどにも、入店すればすぐに反映されます。問題はGPS機能を忍ばせることの難易度なのですが、こちらについては依頼者がどうにかするしかありません。ただもし忍ばせることができれば、調査費用を浮かせられる期待も持てますから、もしこれから依頼をしようとしている人がいれば勇気を出して挑戦してみてください。

 

浮気調査 慰謝料についての基本的な知識

 

浮気調査 慰謝料は、証拠を興信所や探偵事務所に依頼をしてつかんだ後に該当者に請求する事が可能です。調査費用に必要な金額は、探偵事務所や興信所によりますが40万から60万程度かかります。

 

浮気の慰謝料の平均的な相場は、100万円から300万程度です。パートナーが浮気をした場合の慰謝料の金額の違いや、請求する相手をパートナーかその相手のどちらにするかはその後どうしたいかにより異なります。夫婦関係を現在のまま継続して、離婚をせず浮気を抑制する場合は比較的に金額が少なく50万から100万円程度を請求する方が多いです。

 

パートナーの浮気がすぐには許せないので、とりあえず別居をする場合は100万円から200万円程度の慰謝料を請求する方が平均的な金額になります。絶対に許せず離婚を検討する場合は、200万から高いと400万円程度を請求するのが相場です。浮気調査 慰謝料は証拠を集めるのに必要な日数や、稼働するスタッフの人数で異なります。高い慰謝料を希望する場合は必ず浮気の証拠が必要です。ある程度の浮気期調査費用がかかりますが、より高い慰謝料を希望する場合は実績があり信頼ができる興信所もしくは探偵事務所に依頼をします。

 

浮気調査 離婚を考えるならどのようなサポートがあるかで選ぶ

 

離婚の原因になる事柄の中で多いのは、浮気による離婚です。相手が不貞をしているとなるとその後の家族関係を修復するべきなのか、それとも別れてお互いの人生を歩む方向で考えるべきなのかを考えるようになります。

 

不貞を許せないのであれば、浮気調査をして真実をはっきりさせてから別れる道を選ぶべきです。探偵などに浮気調査を依頼する時は、浮気調査 離婚を念頭に置いて探偵を選ばなくてはなりません。

 

探偵にも得意分野があり、浮気調査を得意としている所もあれば他の調査を得意としている所もあるからです。浮気調査が得意分野の探偵に依頼するなら、離婚するときにサポート体制が整っている所を選ぶのもいいでしょう。

 

依頼をすると浮気調査をして報告をしてくれるだけではなく、離婚に向けてアドバイスをくれたり弁護士の紹介をしてくれる探偵もいます。そういった所に依頼をすれば、その後どのように話を進めていけばいいのかもわかりますし頼りになります。

 

調査をしてそれだけで終わりなのであれば、どこを頼りにすればいいのかわからなくなるのでサポート体制が整っている方が助かるはずです。調査だけではなく精神的な支えがある方が冷静な気持ちで対処していけるようになります。

 

浮気調査 復縁のきっかけにもなります

 

パートナーが浮気をしている事がわかったら、平常心でいる事は出来なくなるし、心の中が悲しみだけでなく怒りが出てきてしまうのは当然の事です。
相手が浮気をしている確実な証拠があったのなら、その証拠を突き付けて自分に有利なように多額な慰謝料を取り別れてやるという方がほとんどですが、子供がいて家庭を壊したくない方や、まだ相手に愛情があり別れたくないと考える方もいます。

 

別れる事は簡単ですが、復縁してやり直すというのはとても難しい事です。復縁するためには、浮気相手と確実に別れなければなりません。

 

相手に浮気をしている証拠を突き付ける事で、謝罪する方もいますが、逆切れして離婚すると言われてしまったら、復縁する事は不可能です。浮気をされると相手が絶対的に悪くて自分は被害者だという考えを持ってしまうのは当然ではありますが、冷静になってなぜ相手が浮気をしたのか考える事が重要です。

 

いつから浮気が始まったのか、それはどんなきっかけであったのか思い返す事で、自分にも落ち度があった事に気づく事があります。浮気相手を知る事も重要であり、自分との違いを知る事で、パートナーが求めている理想像を知る事が出来ます。

 

まずはパートナーが自分の方に魅力を感じ別れたくないと思わせる事が重要であり、場合によっては浮気調査 復縁のプロに依頼するのも方法の一つです。

 

浮気調査 裁判の勝訴敗訴を左右することも

 

浮気が原因で夫婦関係に問題が生じるという事は多いものです。最悪の場合、離婚につながるという事もあるでしょう。そのような場合、もめたら裁判にまで発展するかもしれません。裁判になった場合、相手の浮気が原因であればその浮気があったことを示さなければなりません。ただあったという事だけを主張することでは裁判官を説得できないので、やはりしっかりした証拠を持っておくことが必要になります。それによって勝訴を確実にしやすくなり、離婚に至ったとしても次のステップに前向きに進みやすくなるのです。敗訴してしまえば、気持ちよく次の人生を歩んでいくという事は難しくなるかもしれないのです。

 

しかし、浮気の証拠を集めておくという事は非常に困難でもあります。そこで浮気調査 裁判には欠かせない物となるといえます。確かに証拠としてわかるような物であったとしても、不法な状態で調査を行えば逆に不利になることもあります。裁判で有利になるようなものを用意できるかどうかという事は、調査にあたる専門家の知識や技術によるところも大きいものです。どこに調査を依頼するかという事を考える際には、評判なども聞いたうえで決めていくようにするのが良いでしょう。

 

浮気調査 旦那(夫)への慰謝料請求

 

浮気調査 旦那(夫)への慰謝料請求では、いくつかの注意点があります。一般的に、夫のほうが社会的地位があって収入も高い傾向なので、しっかりと浮気の証拠がとれれば高額な慰謝料請求ができる可能性が高いです。しかし、その一方で不利な点もあります。浮気を理由とする慰謝料請求では、配偶者だけでなく浮気相手にも損害賠償を請求することができます。

 

ところが、その浮気相手は専業主婦だったり、アルバイトで低い収入しかない女性だったらどうでしょうか。その場合、裁判をしてもそれほど高額な慰謝料は支払ってもらえないでしょう。慰謝料の金額には「支払い能力」も大きく影響するからです。相手の「支払い能力を」大きく超えた金額を請求しても、支払うことができないので意味がありません。

 

今の時代は男女平等なので、女性でもキャリアウーマンで高収入を得ていることはあります。その場合には裁判で勝てば高額な慰謝料を支払ってもらえると期待できるかもしれません。このように、「慰謝料の相場は100万円〜300万円」という一般論はあくまで平均的な金額ということです。裁判にはコストも時間もかかるので、あらかじめ専門家に相談をして十分に納得を得ておいてください。

 

慎重になるべき浮気調査 妻の場合

 

まさか自分の妻が浮気をするわけがない、そう思い込んでいる男性は多いようですが、残念なことに世の中の妻たちは夫に分からないように上手に浮気していることも少なくありません。男性の場合は、浮気をしている証拠を簡単に表に出してしまう事が多いのですが、女性はその点バレないような対策に抜かりがなく、もしバレかかったとしても絶対に違うと反論することができ、男性もそれに納得してしまうものです。

 

でも確実に怪しいと分かっているのに、それをハッキリさせることができずイライラしてばかりいるのは腹が立つでしょう。もし夫婦に子供がいたとしたら、その子供にも辛い思いをさせてしまうかもしれません。とにかく浮気をしているのならやめさせる、あるいは離婚して慰謝料を払わせたいと考える人もいるでしょう。妻に浮気を認めさせるには、はっきりした証拠をつかまなければなりません。そのための浮気調査 妻を対象として探偵事務所などに依頼しましょう。たとえ頭の回転が速くずるい妻であっても、浮気調査のプロにかかってはすべてを隠し通すことは難しいものです。妻に悟られることなく証拠をがっちりとつかみ、それを突き付ければその後の話し合いはスムーズに、夫有利に運ぶはずです。

更新履歴